JCBの3つのロゴが書いてあるクレジットカード

契約店で全てのクレジットカードが切れるのでもない:カード会社の加盟店舗は一般的には、二、三以上のクレカの運営会社に入っていますが、ちょっと不便ですがみなの加盟店で一切の運営会社の所有クレジットカードが使用可能なわけじゃありません。

つまり古いタイプの契約店のときはJCBの印の入ったそのクレカしか決済できない場合もあるし最近できたお店なんかではVISAとMasterCardといったマークの入っているクレカのみしか決済できない場合もよくあります。

ディスカバーに類するカードならさらに使用できない店舗が増えるでしょう。

どの印のカードが使用できるかをどうやって見たらいいのか?「それじゃいかにして何の印のクレジットカードが使用できるかを判断したらいいものか?」といってみても、正確に見るためには店舗の従業員にお見せしてみるのみ、というのが残念ながら正しい回答です。

とはいえどもおおよその売り場や料亭には加入店の見えるところとかに決済できるクレカ会社の案内がプリントされているシールが掲示されているんで、「そうなんだあそこの店舗ではライフカードが使用できるんだな」といったことが困らないようにされてるので安心してもらえると思います。

いっぽうで、しっかりと契約管理が行き届いていない加盟店で使うときには印が掲げられている場合でも「今はそのクレカはお受けいたしかねます」といったような対応をもらってしまうなどという状況もあるわけで、冷や汗をかいてしまうこともなくもないですね。

欲を言えばできる限り全部のお店で決済できるようにしたいのならば、異なるロゴ(欧米圏のブランド)が書かれている一般的なVISAカード、というようなカードを2、3枚携帯するようにお勧めします(例として:VISAカードをいつも使っているなら次はアメリカンエキスプレスカード契約のクレカを使用するなど)。

もっぱら日本においては、VISA、MasterCard、JCBの3つのロゴが書いてあるクレジットカードを常に使えるようにしておけば、間違いなく日本全土の加盟店舗でどれかしらのカードを提示する機会があります。

クレカをいつも財布に忍ばせて日々ポイント取得を継続していくには、言うまでもないがどんな場面でも支払い可能なクレジットカードを所有しておいていただくようお勧めします。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.theanimaltouch.com All Rights Reserved.