無視した事情であれば

自動車の事故は、己だけの自損事故と誰か他の人が関与した事故があります。

自分自身だけの事故の場合は、事故の対応をすることで終わりとなりますが他者が巻き添えになった事故は各々にどれくらい落ち度が存在したのかを分析しその状況によって故障した車の修理の費用や示談金の額などが決定されますので自動車の保険会社の担当者を交えての協議が欠かせません。

大多数の事故の際、各々に多少の手落ちがある状況が多数でどちらか一方の手落ちであるという時はほとんどないようです。

無論赤信号で止まらなかったり、一時停止を無視したなどは多大な責任になりますが、被害を受けた人にも不注意があると判断されます。

自動車での事故の際にはどの人の手落ちが原因で発生したのかという決着が大事にされるのでその結果を分かりやすく表現したものが「過失割合」(過失割合)というものです。

ひとつの例として、上記の赤信号無視や一時停止を無視した事情であれば、法律のルール上全部のミスがあるように考えられますがもしもその車が正面から来ていて目視で確かめられる状況だとすれば被害者側も注意不足があるとして10%程度の過失が認められる可能性は0ではありません。

この状況では事故を起こした側が9割、事故に巻き込まれた方が1割過失と結論付けされ割合が大きい方に大きな責任が問われます。

もっといえば車での事故の割合事故の判例を目安として決定される場合が大部分で、日弁連交通事故相談センターから公表されている過失割合認定基準表となるものが目安として使われています。

この過失割合の、数値が大きければ大きいほどミス結果として損害賠償額も大きくなりますから事故後の交渉は当事者だけでなく自動車保険の担当を交え冷静にやり取りすることが必要不可欠です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.theanimaltouch.com All Rights Reserved.