強制保険(自賠責保険)の場合は自動車税と違って

自賠責保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険と呼び通称自賠責保険と呼ぶ保険になります。78-7-87

このような自賠責保険は属に強制保険とも呼ばれていてクルマを定期的に定められている車検に通す場合は、決まっている車検期間に効力のある自賠責保険に入っていなければなりません。78-1-87

簡単に言えば、全ての車に加入義務のある保険なのです。78-10-87

それでは自動車に自賠責保険がついたまま売りに出した際にはどうなるでしょうか。78-5-87

自動車損害賠償責任保険は車検のときに更新されることが多数あるものですが、もしも強制保険に入っている自動車を売った際は、保険料が戻ってくるということは全然ないでしょう。78-15-87

なぜなら自賠責保険を一旦消して、新しい所有者に入れ替えることはなかなか手間がかかるのです。78-14-87

ですので、自賠責保険の場合は名義変更をした後にクルマと一緒に譲るのが一般的です。78-17-87

しかしながら、それと同等の額を商品代に乗せてくれるものです。78-3-87

強制保険(自賠責保険)の場合は自動車税と違って、支払った保険額を月々で割り算した金額が返ってくるわけではなく、買取額に足すというような手段が使われるのが通常ではありますが、こういった内容が買取査定シートに掲載されるようなことは珍しいです。78-4-87

ですので引き取りの場合は自動車損害賠償責任保険の分の金額が査定額に入っているかを確認したほうがいいでしょう。78-9-87

自分が納めた金額がいくらかを頭に入れておけば、大丈夫と考えます。

自賠責保険の加入料金というのは契約期間次第で違ってくるものなので、注意してください。

クルマの処分や廃車の際には保険の名義変更をしなければなりません。

これをしないままにしていたら保険会社より保険の満期便りが来てしまいます。

自動車が多少でも無駄なく売却できることを応援したいと考えています。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.theanimaltouch.com All Rights Reserved.