一例をあげれば以前からある店舗の場合に

契約店で全てのクレカが使用できるわけではない■カード会社の加盟店は多くの場合多くのクレジットカード会社とライセンスを結んでいるんですが残念なことに一切の商店であらゆる運営会社のクレカが切れるのでもありません。79-1-87

一例をあげれば以前からある店舗の場合にはJCBマークの付いているそのクレカしか使用できない状況もあるし、近頃の契約店なんかではVISAとかMasterCardといった印のついているクレカのみしか切れない場合もよくあります。79-19-87

ディスカバーカードといったクレカならば、よけいに決済できない状況が多いでしょう。79-20-87

何のクレジットカードが使えるかをどこで見分けるといいんだろう「だったらどうやって何の印のカードが使えるかを見分けたらいいんだろう?」といってはみたものの、ちゃんと知るにはお店の担当者に聞いてみるしかないていうのが正直なところ正解。79-9-87

だが大抵のお店やショッピングセンターには店舗のエントランスのところに使用できるクレカ会社のマークがプリントされた認証ステッカーが掲示されている理由から、「そっか、ここのお店ではアメリカンエキスプレスカードが決済可能なのね」ということが分かりやすくなっているから留意しておいてもらえると思います。ゼルタイン

とはいっても、正確に案内が出来ていない加入店で決済する場合には、印が掲示されているのに「今はご使用のカードはご決済いただけません」などという対応をもらう状況もないともいえず、途方に暮れてしまう状況に出くわしかねません。79-5-87

お勧めとしては可能な限りより多くの店舗でカードが使えるようにする目的でもう一つのグループ(海外会社)がプリントされた一般的なMasterCard、ダイナースカード、アメックス、などのクレジットカードを複数申し込んでおくようにするようお勧めします。79-6-87

(例として:JCBを契約しているならもう一方はアメックスブランドのクレカを財布に入れておくなど)。79-7-87

日本においては、VISAカード、MasterCard、JCBの3つのブランドが入っているクレジットカードをそれぞれ使えるようにしておけば、おおむねすべての加入店舗で3枚のうちどれかのカードを使うよう準備万端というわけです。79-3-87

クレカを使いこなしてカードライフを目標とするのであればできる限り早めにそれぞれのクレカを申し込んでおいていただくことをお勧めします。79-2-87

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.theanimaltouch.com All Rights Reserved.