あなたが所有しているポジション

一般的なFX投資の本では「損失が生じた状況ではナンピン買いして、平均の買い付けコストを低くする」と助言されていると思いますが、正直に言うとそこには相当大きな引っ掛けが待っています。白漢しろ彩 口コミ

まず、ナンピンの方法について易しく述べておきます。スレンダーマッチョプラス 口コミ

例として1ドル100円でドルを買ったとします。http://xn--ick8azb459v42vq6rvt3b.jp/

ドル買いだから円安ドル高に動くほど儲けを得られますが、反対に1ドルが95円まで円高・ドル安に推移したとします。リゼクリニック 脱毛

その状況でポジションを所有し続けたら、利益がでるためには、円高になった分ドル高に動かなければなりません。イビザクリーム 口コミ

損失は出来るだけ早く回復したいと考えます。ラクビ 口コミ

この状況を変えるため最初に売買したのと同額のドルを1ドル95円で買い増します。ゼファルリン 評価

そうすると、全体の価格は97円50銭まで安くする事が出来ます。ホワイトヴェール 日焼け止め

2円50銭の幅でドル高に進めば、赤字を回復する事ができます。相席屋 出会い

それが、ナンピンの手法です。シルキーカバーオイルブロック 口コミ

こういうふうに、ナンピン買いの原理を耳にすると、「ごもっとも」という気分になるがマーケットは容易には問屋を卸してくれない。

95円が底値だということなど、なんびとも分かりません。

もしも、相場が相当の円高ドル安の流れであれば1ドル95円では下げ止まらずに、一段のドル安が加速する確率は高くなります。

仮定として、1ドル97.50円でナンピンをして、95円までドル安が進んだらナンピン買いを入れた分についても差損が生じてしまいます。

この状況では、初めに注文したドルとトータルで、二重の為替差損を被ることになる。

このように、ナンピンは大変です。

それならば、為替があなたの脚本とは逆にすぐに行ってしまった場合どういうやり方で危機の確率を回避すればいいのでしょうか。

ここで取るべき手段は2つ。

最初のひとつは潔くあきらめて、損切りをすること。

もうひとつの手段としてはその時点で、あなたが所有しているポジションを小さくする事で、もう一回マーケットが回復するのを大人しく待つ事です。

相当控えめな手段だと感じる投資家もいるだろう。

しかし、持っている買いポジションに差損が出た場合、正しい術はこの2つ以外には考えられない。

確かに、理屈の上では、ナンピンをしてみる術もありえます。

だけどナンピンは自分が損をしているのに買いポジションを無くすどころか反対にポジションを積み重ねていく対策です。

これでは、危険を削減することなど、どう考えてもやりようがないと思うべきです。

ナンピン買いをしていけば最終的には利益を上げられるかもしれません。

だがしかし、それより前に投資資金は不足してしまいます。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.theanimaltouch.com All Rights Reserved.