www.theanimaltouch.com

ローンの利息がどこも似たり寄ったりなのはご存知の事かと思いますが、利息制限法と言う規定によりMAXの利率が義務付けられているので似たような利息になるのです。銀行などは利息制限法の規則の範囲枠で個々に設定しているので、似た利息の中でも差異があるようなサービスを展開しています。それではその利息制限法とはどんなものか見てみましょう。初めに限度範囲内の利息ですが、10万円未満のローンには年20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は年率15%までと設けられていて、その上限を超える金利分は無効となるはずです。無効とは払う必要がないことです。でも昔は年25%以上の金利で取り交わす金融会社が大部分でした。その訳は利息制限法に反則しても罰則規定が無かったためです。それだけでなく出資法による制限の29.2%の利息が認められていて、その法律を盾に改められることは必要ありませんでした。実を言うと、利息制限法と出資法の間の利率の差の範囲が「グレーゾーン」と呼ばれるものです。出資法には罰則が有ります。この出資法の上限利息は超過しないようにきたはずですが、これらの出資法を適用する為には「債務者が自ら支払いを行った」という大前提となります。最近、しきりに騒がれている必要以上の支払いを請求されるものはそのグレーゾーンの利率分を行き過ぎの支払いとしてキャッシュバックを求める要求です。法律でも出資法の前提が認められることは大半はなく、要求が認められる事が多いです。今では出資法のMAXの利息も利息制限法と一本化され、これにより金融会社の利子も大差がないようになっているはずです。もしその事実を知らずに、MAXの利息を超過する契約をしてしまったとしても、これらの契約がないものとなるので、上限利息以上の利息を支払う必要はないのです。それでも繰り返し返金を求める際には弁護士か司法書士に相談してください。それで返済を求めることはなくなるはずです。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.theanimaltouch.com All Rights Reserved.